Posted by at

2013年12月31日

平常作業

皆さん こんばんは

世間一般的には 大晦日ですが 全然そんな雰囲気のない苺ハウスでございます



収穫作業は昨日で終了して 1月2日に再開
というわけで この2日間で苺の手入れ作業を進めないとならんので、正直きついです


そういえば 年内に塗装予定の F-15
なんとか 塗装だけはしました


これから 細かい仕上げが待ってます
1月中には完成するかな

というわけで 皆様 良いお年をお迎えください
  


Posted by 第6飛行隊 at 18:28Comments(0)プラモデルいちご

2013年12月30日

困った

おはようございます

今朝 台所に置かれた、ご飯だけのお弁当
女房が会社に持参お弁当なんですが 今朝は台所に置かれたまま



そう 昨日報道された 冷凍食品の農薬混入事故(事件?)の余波で 我が家の冷凍食品が破棄されておりました!
女房が 冷蔵庫の中から 問題の会社の冷凍食品をそのまま確かめないで 廃棄したおかげで、お弁当のおかずは全滅しました

昔からなんですが、のせられやすい性格で 報道の中身を確認しないまま 「あの会社の食品はやばい」とかいうのりで 捨てた見たいです
そういえば 震災の時は 使いもせん電池を買ったりしてましたが・・・・

報道によると 解凍した冷凍食品から異臭がしたとか、吐き戻すとかあったようですが、普段 仕事で農薬と接しいる自分からみると異常な状態ですね
こういう場合 一番最初に疑われるのは「残留農薬」ですが、農薬の通常、かつ正常な使用では加工済み食品に農薬成分が残ることはまず考えにくい、だいたい 匂いが残ること自体がおかしい よほど原液を散布するとか出荷段階で原液が付着するとかでもない限り考えにくい
また 一旦 熱を加える加工すれば殆ど残らない

これほど ハッキリとした症状がでるのは直接接種しないと
まあ これから先は 警察のお仕事なんですが、ほんと 食品テロだけは勘弁してほしい





  


Posted by 第6飛行隊 at 07:11Comments(0)その他の出来事

2013年12月29日

寒いです

皆さん こんばんはー

夜間のハウス見回りに来ていますが 正直 寒いです( ;∀;)
加温機も 断続的に稼働してますが なかなか温かくなりません

来年には 遂に重油が 100円突破…
財布が、ピンチです

  


Posted by 第6飛行隊 at 21:18Comments(0)

2013年12月28日

支援部隊増強

こんばんは

寒気襲来で 冷え込んでますね、日中でもみぞれがちらほら
まあ 年末ですから

さて わが航空隊は 後方支援部隊を補強します
まずは
長谷川製 1/200 KC-767空中給油機、および E-767空中早期警戒管制機(AWACS)です




箱は一つですが、2機セットで御座います



一粒で2度美味しいと 言いたいところなんですが、2機も作らなならんとは・・
本当は E-767は以前作ったから KCだけ欲しかったですが なぜか長谷川さんは 2機組み合わせで発売なんですよね
まあ いいか

さて 実機は 殆ど国民に知られることがないくらい地味な存在です
E-767空中早期警戒管制機は 別名 動く空中指令室 その背中につけた大きな円盤状のレーダードームで各種の情報を収集
し、作戦士官が適格に指示を出すことで、より現場での対応力を強化するのが目的なので、戦闘機みたいな派手さは全くないですが 現在の航空戦力を考えると必ず必要な機体なんです
よく似た機体に Eー2Cホークアイという機体がありますが、あれは空中早期警戒機、簡単に言えば空飛ぶレーダーサイトです
一般の方は あまりなじみがないかもしれませんが、レーダーで使う電波は まっすぐ飛びますから 簡単に言えば水平線の先は探知できないです、これが露呈したのが例の函館空港に強行着陸した ミグ25事件です
当時 航空自衛隊は 低空飛行で領空侵入したミグをレーダーで捕捉しながら見失いまた スクランブルした F4EJも捕捉失敗 函館空港に強行着陸されてしまう大失態を演じてしまいました
当時のレーダー施設の弱点を東側陣営に露呈することに

その後 導入されたF-15Jは レーダーは大幅に強化された上に 米国海軍で運用していた艦隊防空用のEー2Cに着目、地上レーダーサイトのカバーできない部分をEー2Cでカバーするという日本独自のレーダー運用システムを開発しました
現在は E767とE2Cは 沖縄方面で頑張っているとの噂です


さて 今回の目玉 KC-767空中給油機
えっ 日本が空中給油機なんてもってたの? という方がいるかもしれませんが実は もってます
導入が検討されたのはE767と同じころですね この機体はかなり紆余曲折があって まず導入に際して 回りのうるさい国を刺激しないかとか政治的に難しい問題がありました F15などが海外に演習にいったりPKOなど物資輸送では今までどうしても米軍のKC-10という給油機を頼りにしていましたが、自国で持つとなるとすぐ「海外派兵力の復活」だとか「軍国主義」云々と言われてします
とはいえ 今まで以上に自衛隊の海外活動範囲は広くなりつつあり、長距離輸送力の強化は急務でした
そこで 満を持して導入することになったはいいですが、当初予定していた機体 B767-300型ではなんとお尻に給油ブームが取り付けできないことが判明 急きょ少し小型の B767-200型で設計 元々B767型では初めての給油機タイプ 開発は遅れに遅れ初飛行から1年経ってもボーイング社から防衛庁に納品されない事態に 一時は大丈夫か?とマニアではささやいておりましたが なんとか日本の空を飛ぶことができたのです

さて うだうだと書いてまいりましたが ようは


ここにある 積み上げプラモデルを製作しなけば 767シリーズは配備出来んわけです
少し 現実逃避かな  


Posted by 第6飛行隊 at 20:01Comments(0)プラモデル

2013年12月26日

別に体重が増えたわけでは?

別に 体重が増えたわけではありませんが、 いきなり椅子が壊れました




3年ぐらい前に買ってハウスで 休憩用に使っていたアウトドア用の折り畳み椅子
まあ ハウスの中とはいえ 出しっぱなしでしたからだいぶ 痛みがでてきたな〜とか思っていたら ある日いきなり破れてしまいました
丁度 座った瞬間でしたので お尻からすっぽりはまり込んでしまい 暫く身動きできず ちょっと焦りました


というわけで 新しい椅子を購入


全く 同じやつです 進歩がありません・・
  


Posted by 第6飛行隊 at 19:19Comments(0)その他の出来事

2013年12月25日

捕獲&製作中

こんばんわ
今日は 天気はまずまずでしたが 気温が予想より上がりませんでしたね

さて 先日 ハウス横の用水路を掃除しておりましたら 何やらうごめくものが・・
何かなと 目を凝らすと


沼エビ君 発見
早速ですが、捕獲させていただきました
いや〜 沼エビ少し追加して購入しようかと考えておりましたんで助かった(エビ君にすればいい迷惑だわな)
現在 水槽の中で ブラックテトラとにらみ合いしとります 仲良くしてな

さて ずーと製作しとります イーグルですが基本塗装に入りました
迷彩塗装の1色目を塗装してます


これから 2色目を塗装して 制空迷彩に仕上げるですが、塗り分けパターンが結構面倒なんで 塗装指示書を拡大コピーしてマスキング用の型紙を作ります スキャナー付きプリンターってこんな時便利

さあ年内に2色目とそうできるか?
無理だな・・
  
タグ :F-15


Posted by 第6飛行隊 at 19:03Comments(0)プラモデルその他の出来事

2013年12月23日

いつもと変わらず

今晩は 年末になりだいぶ冷え込んできました
ハウスで 使う重油も 補給して寒波到来に備えてます

さて 最近の仕事といえば 午前中は苺の収穫


いまは 7時くらいから始めていますが、春になれば 5時頃から収穫せんと間に合わないかもface13

勿論 朝なので苺の葉には地中から吸い上げた水分が いっぱい


なので 雨でもないのに合羽着て収穫しなと服がびしょ濡れに

いまは まだ大きい苺さんもたまにあります



時々 こんなのもありますけど


これは 出荷しないでおうちで食べます

さてと 年末年始に向けて頑張っていきましょう  
タグ :イチゴ


Posted by 第6飛行隊 at 22:11Comments(0)いちご

2013年12月17日

冬の新アイテム

おはようございます

無茶苦茶 どん曇りです
寒い朝かなと 思いながら気温は 意外に高め

とはいいながら これから寒くなるのは確実
そこで 今季は新アイテムを導入!





ZIPPOのハンディーウォーマー
まあ 普通のカイロですな・・ 一般的には「ハッキンカイロ」といった方が分かりやすいかも



日本製のハッキンカイロと 何が違うの?と思うかもしれませんが 内部構造は 全く同じです
というか つい最近まで ZIPPOのハンディーウォーマー ハッキンカイロでOEM生産されていましたので構造が似て当たり前です 唯一構造的に差があるとすれば 内部のプラチナ火口の部分ぐらいですが 見た目は全く同じです

外見的には 空気取り入れの穴のデザインが違う程度ですね
でも こちらにはおしゃれな 専用ポーチ付き




実は これが欲しくて買ったようなものです はい

オイル付きで 3000円以下で購入しました
通常のホッカイロ100個分の価格ですが コスト的にはZIPPOの方が 安いし まず火力が安定してますし オイルを最大に入れると 48時間もつそうで、登山者の方も愛用しているそうです

早速 使っていますが 結構暖かいですね ベンセンを使うハッキンカイロよりZIPPOオイルを使うせいかな?
  


Posted by 第6飛行隊 at 07:07Comments(0)その他の出来事

2013年12月16日

最近の苺

皆さん 今晩は

最近 アップをさぼっております 正直言うと 完全なネタ切れです
というわけで 困ったときの「最近の苺さん」です




写真は 早期株冷 4型の苗です(普通の人には わからんわな?)
まあ 早く花が咲いた苺さんです、そろそろ一番最初の実の収穫も終わりに近づき、2番目の花が ちらほら見えてきました



収穫中の あまおうです
昨日 天気が良くなかったので 色があまりついていませんが 市場から小売り店にわたる頃にはもう少し赤くなるかな

今日から 農協のパックセンターが開設しました



今日は パートさんの目合わせです、これから来年5月まで頑張って下さい
まだ 参加農家数が少ないのでパックセンターも小規模ですが、実績積んでいきたいです

珍しく 午後の作業を休んで ガソリンヘリの点検作業してました



今まで 問題だった振動も だいぶ減って来ましたが まだ細かい振動が残っていますので 今回は視点というか 調整のやり方を変えて 再度 ギア回りから組みなおしてみました、今までは エンジンを仮止めしてピニオンギアとメインギアの調整をしていましたが、 よくよく考えてみると マストにつながるメインギアを基準しないと結局 エンジンの出力軸がずれる事に気が付きました・・・
説明書にも そのように記載がありました
やっぱ ちゃんと読まないと いらん出費ばかりしております
  


Posted by 第6飛行隊 at 19:11Comments(0)いちご

2013年12月11日

アイデア特集 塵も積もれば 宝の山

こんばんは

今日は 天気予報では午後から雨でしたが 結局朝から 降ったり止んだりの散々な天気でした
こんな天気なんで ハウスの水分は下がらず




まあ 黄色の範囲にあれば 苺としては適正範囲なんで今日は 給水お休みです

苺は そろそろ 2番果が見えてきました



まあ 順調です


今日は JAと農業普及指導センターの苺担当者の方が 圃場巡回にきました
昨日 出荷協議会があったばかりですが、早速現地の状況を確認してまわってますが 昨日の会議で話のあったハウスのウオーターカーテンの話をしたら 普及所の方がこんな本をくれました


普及所の指導員さんが 県内の農家さんを訪問した際に 見聞きした色んな 省力、省エネのアイデア集です
メーカーさんの商品紹介ではなくて 実際に農家さんが試行錯誤して実践したことを簡単にまとめ 品目別に体系化したものなんですが 色んなアイデアがあって面白いですよ
空き缶のくい打ち機とか、ハウスの保温性を高める 地下水のウオーターカーテンとかこれを 見ながら次年度のハウス回りの改修を 色々と考えています
ぜひ 農家の方は参考にしてください 必見ですよ

少し話は 変わりますが、JAの苺担当の S君
昨年まで 稲作担当で今年から初めて野菜 苺を担当していますが、熱心に巡回してくれます
まあ 1年目なんで技術指導はちと難しいですが、各農家の状況をきちんと記録しているようで、まあ一緒に仕事をして安心できる存在です これからも頑張ってもらいたいものです
  


Posted by 第6飛行隊 at 19:15Comments(0)いちご

2013年12月10日

卒業です

今晩わ

今日は 出荷がお休みで 朝から苺の手入れしとりました



午前中は 日差しも弱くて寒い事、

それでも今日は バタバタ仕事を片づけて 午後からは用事でてんてこ舞い
まずは 「イチゴ出荷協議会」



市場関係者をお招きして 苺の販売動向についてお話していただきました、

その次は本日のメイン

「JA福岡京築青壮年部 豊築地区 解散総会」
 旧JA福岡豊築 青壮年部の組織解散総会です


活動母体となる 農協が今年4月に隣のみやこ農協と合併したのを機会に 双方の青壮年部が統合することになり
準備を進めてきておりましたが ようやく14日にJA福岡京築農協 新青壮年部が発足するにあたり 旧農協の青壮年部を解散することになりました

というわけで 私もこのどさくさ紛れに青壮年部を「卒業」させて頂きました
まあ 新組織の発足にあたり 色々と考えることありましたが 実際 年齢的にまだまだ「青壮年部」なんですが このままズルズルと活動を続けてもと思いまあ 老害がでる前に、ここらが潮時かな

これからは 地域の小さな農家として長く活動して行きます

  


Posted by 第6飛行隊 at 19:30Comments(2)その他の出来事

2013年12月09日

謎の液体

謎の液体?





正体は 有機系アミノ酸入り肥料でございます
今まで 週に2回 窒素肥料を溶かして 流し込んでいましたが、どうもそれだけは春先に苺の体力不足に陥りそうなんで 今年から有機系アミノ酸入り肥料を週1回 流しています
まあ 効果がはっきりするのは春先なんでだいぶ先ですが、地道に続けています
  


Posted by 第6飛行隊 at 18:06Comments(0)いちご

2013年12月07日

最近の苺 12/7

今日は 朝からいい天気でございました
こんな日は苺の「防除作業」 まあ簡単に言えば農薬散布です
今のところ 目立った病害虫はないのですが、こんな時は逆に要注意
特に 春先に現れるうどん粉病(白カビ)は今頃 ハウスに入り込み越冬して春先に爆発的に増えますから 症状が出ていなくても定期防除は欠かせないです

さて 最近の苺の作業は 古い葉をそぎ落として 花の数を調整してます




これは ちょっと花が付きすぎですから 摘果して



こんな感じに仕上げます
これでも まだ多いかな?

今年は10月と 11月初旬が暑かったせいもあり生育が進み過ぎてます
下手すると クリスマスには苺がない? なんてこともあるかも・・・


そう 今日は午前中 農薬散布したので 午後はハウス作業はお休み
久しぶりに RCガソリンヘリの調整をしました
今まで、調整しても、調整してもなかなか「振動」とれない状態でした
同型機の映像を YouTubeでみてみたら 皆さん綺麗に調整できているで 何がおかしいやろとあれこれいじり回しましたが、中々解決しませんでした
そこで ダメ元で エンジン回り、特に駆動系を中心にメーカー標準装備に戻してみましたが、なんとノーマルにしたとたんに
振動が 殆どなくなりました
色々 原因を探るとどうやらこいつが一番原因のようで




オプションのスパイラルピニオンギア T10
エンジン回転を抑えることができるという触れ込みでしたので 初飛行当時から 使っていましたが これをメーカー純正のT11に変更したら 意外にも振動が激減しました
たぶん 機体個体の相性の問題だと思うですが、意外な盲点でした
てか このギア 高かったのに外すときになかなか外れずボロボロに
本当 不器用でございます  
タグ :GSR260Z


Posted by 第6飛行隊 at 18:54Comments(0)いちご

2013年12月02日

カエル君

ハウスの中で 色々と作業をしておりましたら、苺の白マルチの隙間から飛び出て来ました カエル君




なんか 白いぞ!
マルチが白い為か それとも寒いのか 全体的に色が抜けてます

時々、時間のあるときに撃っております「エアーソフトガン」 p226 E2




せっかく撃つのならと ハウスの隅に 的を置いて撃ってますが、意外に当たりませんね
5m位だと バンバンあたりますが さすがに10mを超えると 手先の震えとか構え方で全然当たり方が違うです




下手も 数うちゃ当たるとは言いますが、10m前後で これだとちょっと下手すぎなのかな?
  


Posted by 第6飛行隊 at 18:34Comments(2)いちご

2013年12月02日

発見

でっかいイチゴ 発見


  


Posted by 第6飛行隊 at 13:00Comments(0)

2013年12月01日

12月ですよ

暦の上では もう12月ですよ 12月

次女は すでにお年玉の勘定に入っておりますが、世間はそんなに甘くないぞ





苺の出荷も ボチボチではありますが進んでおります
まだ 本格化するまで半月ほどかかりそうですが、徐々に増えてます

さて 昨日テレビ東京系のお昼の番組を見ていましたが テーマは「減反政策廃止」です
自分は 稲作をしていないので直接影響をうけませんが、農業全体で考えるとかなりダメージというか影響というか 動きがあるのは事実ですね
ちょっと面白かったといえば不謹慎かもしれませんが アシスタントの女性が「この減反廃止で 消費者が受ける影響は」という質問に 出演者の先生の答えがしどろもどろだったことですね
当たり前といえば そうですが 減反補助金はあくまで農家に対する補助金ですから消費価格へ直接影響を及ぼすことは考えにくい、まして一般の方が考えるような 安い米が大量に市場にでるなど到底期待薄だと思う

いつも思うのだが 日本って贅沢な国だなと思う
災害時などを除けば何時でも、どこでも、一定のお金さえ出せば食事ができる、
確かに それだけの経済力を備え、流通、市場経済を発展維持してきているが、遠い将来も今と同じ水準を維持できるか
正直 不安である、本音を言えば 維持することに意味はあるのか考えてしまう
食べられる事が当たり前と思うこと自体に 危険性を感じる
ここしばらく 明日食べるものがないという恐怖感を忘れていたが 先の震災を見てかなり考えが変わった
我々の食糧社会システムは 薄氷の上にたつ虚像ではないか?

それと番組を見て思ったのだが、必ずこの手の番組で 紹介されるのが「株式会社の農業参入、異業種参入の成功例」である、あくまで成功した事例だけで失敗した事例は見たことがない、まあ番組スポンサーが経済関連だから仕方ないけど
今回も 海外への生産拠点移転に伴う余剰資産対策に 栽培工場の運営事例の紹介だったが担当の話で余った資産の運用の為に農業分野へ参入したと話している
自分から見れば あくまで資産運用の為の参入であって農業がやりたいから参入したとは思えない

以前 別の番組で似た事例として都内の空き倉庫を利用したレタス栽培工場の紹介があった
担当者が 自慢げに「癖のないレタスでしょう」と試食していたが テレビ画面を見てもわかるくらいに 葉の厚みがない、
もともとその野菜工場は バブル期に建設された倉庫で、景気の低迷 リーマンショック以後 借りてが付かない状態で余剰化したが資産運用の為 野菜工場へ転身
まあ ここまではよかったねで済む話なのだが、取材者の次の質問に企業の本音を見た気がした
取材記者 「これから先も 野菜工場として雇用を生んでいくわけですね?」
担当    「いいえ 景気が回復すればまた倉庫として利用します」

我々 農家と企業との差が ここにある
要するに 持てる資産でより利益の上がるものがあれば 今の事業を打ち切って、とっと乗り換えるということである
確かに 我々も より利益率の高い生産作物を目指して品種、品目を変えることはあるが

よく 企業が農業参入して長く続かないのは「農協が価格統制しているから」とか「消費者に飽きられた」からとかいう話を聞くが、俺から言えば貴方の根性が足らんと言いたい
俺だって まともに人前に出せる苺ができるようになるまで 10年かかった
今でも 他の生産者に比べると品質管理が悪くて 恥ずかしいくらいだだいたい 本業すらうまくいってないのに異業種化でしのごう そんな 最初から逃げ腰なら参入なんかすんな 邪魔じゃ


と思いながらお昼を食べておりました・・・
  


Posted by 第6飛行隊 at 18:47Comments(0)いちご